週刊ダイヤモンドが選ぶ株式市場での最優秀社長2018

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

2018年6月23日号の週刊ダイヤモンドで、日本の最優秀社長2018が発表されました。

経営者の評価は投資家にとって貴重な情報なので、注目されます。

どんな会社の誰が選ばれたのかを記事にしましたのでご覧ください。

記事についてはこちら

社長の能力は株式投資の重要な指標

企業に投資する際にあたって企業の意思決定のトップである社長の能力は、最近

益々重要な指標になってきています。

これまでの資産やノウハウが通用しなくなっている現在、社長に求められる能力は

昔に比べて格段に高くなっています。

事業のグローバル化が進み、投資家との対話の重要性が日増しに高まる現代で社長にふさわしい人物は誰か?

週刊ダイヤモンド選出のランキングをご覧ください。

ランキングの指標

対象は東証上場企業の時価総額(2018年三月末時点)上位300社。

指標は下記の5つ

①企業価値向上率

社長在任中の時価総額と配当総額の合計の向上率で示す

これは投資家の直接的な利益につながる株価アップと表裏一体のため、

重要な評価項目である。

② 経済的付加価値(EVA)

ざっくり説明すると、借金などの有利子負債にかかるコストに加えて、株主が投資の見返りにに求めるリターンを渡せるだけの利益を、企業が稼げているかはかる指標。

③ 経営規模(時価総額)

単純に時価総額の大きさを示す。当然トヨタ自動車がトップ。

④ 情報発信力(市場との対話スコア)

⑤ 権力自制力(ガバナンススコア)

Sponsored Links
スージー記事はこちら
スージー記事はこちら

Follow Me

Sponsored Links
スージー記事はこちら