SEO対策で重要な内部コンテンツの充実とは何か

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

SEOの強化のために、コンテンツの充実が重要なことは言うまでもありません。

コンテンツの品質、内部コンテンツの充実、内部リンクの作り方、

内部リンクの正規URL化に分けて解説します。

内部コンテンツの品質とは何か

内部コンテンツの品質で重要なものと言えば

  • 訪れたユーザーにとって望ましい内容が書いてあるかどうか
  • コンテンツを通じてユーザーに何かしらの欲求を満たせるかどうか
  • それがWebサイトの目的に直接的または間接的に貢献できるものかどうか
    というような事になるかと思います。

    これが内部コンテンツの充実ということになると思います。

    内部コンテンツの充実

充実した内部コンテンツとは次のような要素が重要です。

ユーザにとって有益な情報がある  = キーワードが盛り込まれていれば良いのではなく、読んだ人にとって価値のある事が必要です。

・オリジナルコンテンツがある  = 他のサイトからの引用やコピーであってはならない。

・コンテンツの数が多い     = コンテンツの質だけではなく量も重要です。

・コンテンツの充実を継続的に行う= 短期的ではなく、長期的な視点でじっくり行ってこそ内部コンテンツ充実のの評価が高まります。

内部リンクの作り方

コンテンツの充実のために重要な技術のひとつが内部リンクを構築する事です。

ユーザーにとって内部リンクはページからページヘ移動するための手段であり、ナビゲーションですが、SEOの観点からすると

  • クローラーがサイト内を巡回するための道筋を伝える
  • サイトの構造やページ毎の意味情報を伝える

という役割を果たします。

検索エンジンはページ内にあるリンクのURLを読み取って、クロール対象を決定します。

また、内部リンクも外部リンクと同様、より多くのリンクが集まっているページが評価される仕組みになっています。

内部リンクは、外部リンク先のオーナーへの許可や依頼の手間もなく、自分で設置数や設置方法の修正をいつでもできるという点が挙げられます。

サイト内で適切にリンクの受け渡しを行い、重要なページに評価を集めるという施策を行うとよいです。

内部リンクを設置するURLを正規化する

内部リンクが正しくても、設置するURLに誤りがあればクロール促進に繋げられません。

また、正規URLとは、検索エンジンに認識させたいURLであり、同じコンテンツ内容であるにも関わらず複数種類のURLが混在してしまうと重複コンテンツとみなされindexされにくくなってしまいます。

URLを正規化するには主に下記の点をチェックしておく必要があります。

  • URLにパラメーターがついていないか
  • URL末尾のindex.htmlのどちらをインデックスするか
  • wwwの有無
  • サブドメインと間違えていないか
  • スマホ(モバイル)用URLが混在していないか

また、上記のURLを見直した場合はSearch Consoleへ新たなURLのサイトマップを送信しておくことも大切です。

まとめ

SEO対策でも内部対策はご自身だけでできる対策ですので、ぜひ行ってみてください。

ご興味ある方は当社までご連絡ください。

Sponsored Links
スージー記事はこちら
スージー記事はこちら

Follow Me

Sponsored Links
スージー記事はこちら